森林組合の仕事

指導部門

組合員への林業経営指導を行い、鹿被害対策の為の有害鳥獣捕獲への助成を行ったり、林業労働災害防止の為の指導を行っております。

森林整備部門

<植栽>

スギ・ヒノキを中心に、1ha当たり3,000本程度植林しています。最近は、クヌギ等の広葉樹も植林されるようになってきました。

<下刈>

苗木の成長を妨げる雑草や雑木を刈払います。概ね植林後5年から6年まで、場所によっては1年に2回刈払いします。 

<除伐>

成長の邪魔になる雑木や育つ見込みのない植林木を取り除きます。植林後、7年から12年頃まで実施します。

<間伐>

造林木を適当に間引いて、その林の成長に適した込み具合に調整するため5年に1度の割合で抜き切りを行います。

<枝打ち>

フシのない上質な木材を作るため、造林木がある程度の大きさになった時、下枝を切り落とします。この作業は、秋から春にかけて行います。

 

<針広混交林>

水と緑の森づくり税により、強度な間伐(間伐率35%~40%)を行い、広葉樹の侵入を促進し針葉樹(スギ、ヒノキ等)と広葉樹(クヌギ等の雑木)の森へと誘導します。

<保安林>

水源涵養及び土砂流失防備保安林内において、森林の整備を行います。 

<病虫害防除>

マツクイムシの防除や駆除を行います。あさぎり町の深田地区では、熊本県でも有数の松林が約200ha広がり、毎年5月と6月ヘリコプターによる航空防除を行っております。

<作業道>

林業生産の基盤である作業道については、計画、設計を行い、請負にて建設業者へ発注し開設しています。

<森林調査>

森林収穫調査及び面積測量等を行います。 

<購買品>

山行用苗木、獣害対策用防護柵や林業に係る資材等豊富に販売しています。

販売部門

<林産>

利用間伐、全伐による素材生産を行っており、直営班5班、請負業者4社により行っています。

<木材集荷センター>

間伐材、剪定木等の買取を致します。買取額につきましては、材の質等により変動しますが、t当り4,000円~7,000円でございます。直径は6cm以上、長さは2m~4mを目途にお願い致します。枝葉の取り扱いについては、行っておりません。

<椎茸>

生椎茸の生産、販売を行っております。

<椎茸原木>

クヌギの原木や種駒打ち込み済み原木の販売斡旋を行っております。

TEL 0966-24-3729
FAX 0966-24-3730

TEL 0966-47-0016
FAX 0966-47-0876

TEL 0966-22-3687
FAX 0966-24-1189